HOME > 利用案内・アクセス > 館長ご挨拶

ようこそ!和歌山県立自然博物館へ

 自然博物館は、和歌山の豊かな自然を体験し、楽しく学ぶ施設として1982年7月に開館いたしました。以来今日まで、県内の自然を中心に、調査・研究、標本および資料の収集を進めるとともに、これらを活用した様々な教育・啓発活動を展開してまいりました。おかげさまで昨年、開館以来の入館者が300万人を越えましたが、これも皆様が館の活動を認め、支えてくださった結果であり、心より感謝申し上げます。
 32年を経て、施設・設備の老朽化も目につくようにはなってまいりましたが、館をあげて、何度訪れても楽しく、新たな発見がある博物館をめざして努力を続けております。新しく館に仲間入りしためずらしい生き物や新しい情報、世界的にみてもすばらしい保存状態のモササウルスの化石も皆様をお待ちしております。まだ来館されたことのない皆様はもちろんのこと、しばらく訪れていないと感じられた皆様、是非もう一度自然博物館へ足をお運び下さい。

平成26年6月 館長 高須 英樹



director-takasu.JPG