HOME > 展示 > 展示TOP

展示トピックス

和歌山県初記録のクモヒトデ化石を発見

玄関展示

那智勝浦町大勝浦の海岸において、和歌山県では初となるクモヒトデの化石が発見されました。クモヒトデは死後に体がバラバラになりやすいことから、化石として保存されることは稀です。この現場では10個体以上のクモヒトデの化石が確認され、少なくとも4種類が識別されました。詳細な種類については現在研究中です。玄関ホールにて展示します。



■ 展示場所 玄関ホール
■ 展示期間 平成31年4月16日(火)~5月31日(日)

オフィオフサルムス属?の一種.JPG

新種のアナエビ.JPG

新属新種のアナエビ類の化石

話題のコーナー 最新トピックス!

自然博物館に寄贈された3点の甲殻類の化石が、瑞浪市化石博物館との共同研究により、アナエビ科に属する新属新種であるヒネエビ属ヒネエビ(学名:Hinecaris simplex)と命名されました。このたび、これらの記載の元となった貴重なタイプ標本を展示いたします。



■ 展示場所 第2展示室
■ 展示期間 平成31年3月19日(火)~5月12日(日)


ワークシートでナマコについてかんがえよう!

展示室に設置してます!

ナマコについて考える、ナマコのワークシートを作成しました。海の生態系の中で、ナマコはどんなはたらきをしているのでしょう?ナマコを観察しながら考えてみませんか?

■設置場所 第1展示室 いろいろな生き物のコーナー

1.サンゴの海のナマコたち pdf
2.つめたい海のナマコたち pdf
3.ナマコと海洋温暖化 pdf

logo_b.png
助成・協力 :船の科学館「海の学び ミュージアムサポート」

なまこワークシート.jpg

IMG_0619.jpg

タヌキとキツネ

新収蔵品を紹介します!

今年新たに館蔵資料となったタヌキとキツネの剥製標本を展示します。剥製からどんなことがわかるでしょう?実物を見ながら考えてみて下さい!



■ 展示場所 第2展示室
■ 展示期間 平成31年4月2日(火)~






常設展示

第1展示室

和歌山の水にすむ生き物たち

exh-r1.jpg
第1展示室は水族館ゾーンです。和歌山県内にすむ水の生き物を展示しています。




hazeroom_01.png

第2展示室

和歌山の地質、化石、植物、動物など

exh-r2.jpg
第2展示室は、標本やパネル、ジオラマなどを中心に、地質、化石、植物、動物などを展示しています。



bnr_kaseki01.png

館内案内図と注意事項

kannaizu.jpg

■館内禁煙です。飲食もご遠慮ください。
■館内は特に断りが無い限り撮影は自由に行えます。ストロボの使用も可能です。
■トイレは男性用、女性用、多目的トイレ(オストメイト対応)があります。
■ベビーカー、車いすの無料貸し出しがありますが、数に限りがあります。
■専用の授乳室はありませんが、別室で対応させていただきますので、事務所までお申し出ください。
■盲導犬等の補助犬を連れて入館いただけます。
■補助犬以外のペットは、ケージに入れるか常に抱きかかえるなどして、他の利用者の迷惑にならないようお願いします。


■館内で無料Wifiが利用できます。
terms_240x60.jpg