sign02.pngbnr_s01.png

■大切なお知らせ■

◆入館制限について
・自然博物館では感染症対策のため、館内が混雑する恐れがある場合、一時的に入館制限をさせて頂く場合があります。
 ご理解、ご協力お願い致します。
・SNSで入館制限の状況等を随時発信いたしますので、ご参照ください。

・なお、夏休み期間、連休期間、日曜日などの午前11時から午後3時ごろまでは、例年入館者数が多く、混雑が発生しております。
 開館直後や、夕方にご来館いただくと、比較的ゆっくりご観覧いただけます。


◆団体予約を再開しました。
 当面の間
  ・人数、利用時間等の制限をさせて頂きます。
  ・平日入館分のみ受付いたします。
  詳細はお問い合わせください。

◆自然博物館は、感染対策を講じ、6月2日(火)から開館します。

感染拡大を防止するため
・発熱等、体調がすぐれない方の来館は控えて下さい。

来館される皆様へ
・マスクの着用・咳エチケット
・こまめな手洗い・消毒
・人と人の距離の確保
・展示ケース等に触れない
・窓口横に、検温器を設置しています。体温チェックをしてから入館してください。
IMG_7957.jpg
  など、感染拡大防止にご協力ください。

当館における感染予防のとりくみ
・館内に消毒液を設置しています。
・消毒液での拭き取り等、こまめな清掃を行います。
・一部の展示は利用制限いたします。
・必要に応じ、窓や入口などを開放し換気を行います。
・状況により入場制限等を行う場合があります。
・職員もマスクを着用します。


皆様にはご不便をお掛けしますが、ご理解、ご協力をお願いします。

ご使用のブラウザによっては、pdfファイルがポップアップで表示されないことがあります。
お手数ですが、ダウンロードされたファイルをご覧ください。

News

2020/10/13
【event】「モササウルスの化石調査に参加しよう」についてpdf
2020/10/13
【exhibition】ガンメンガニの化石について(一部修正あり)pdf
2020/10/6
【event】「講演会」「チリメンモンスターイン和歌山」についてevent
2020/10/6
【event】月刊クイズ9月号の解答と全問正解者pdf
2020/9/29
【event】「ドングリひろいと工作教室」「熊野古道の植物観察」についてevent
2020/9/11
【event】玄関展示「ウンコ博物館」pdf

kan-syomen.jpg

見る!学ぶ!自然を探る!

和歌山県立自然博物館は、豊かで美しい和歌山県の自然を紹介する施設です。水にすむ生きものの展示を中心に、動・植物、昆虫、貝、化石などの標本も展示・収蔵し、興味を持って楽しみながら学習できます。また、研究や教育普及活動を通じ、地域に親しまれる博物館をめざしています。
アクセス方法等の利用案内、資料利用の申し込みなどは下のリンクよりお進みください。



hazeroom_01.pngbnr_kaseki01.png

各イベントは一部を除き事前申し込みが必要です。

20kameike.JPG20kameike.JPG

亀池公園に棲んでいるカメを調べてみよう

亀池公園のカメを捕まえて調べよう

■開催日 令和2年9月26日(土)
■開催場所 海南市 亀池公園周辺
■定員  20名
■申込締切 令和2年9月12日(土)

20kazokuyorusui.JPG20kazokuyorusui.JPG

家族で体験、夜の水族館

昼と夜の水槽の様子を比べよう
*日程と内容を変更しております。
■開催日  令和2年10月10日(土)
■開催場所 自然博物館

2019年度干潟観察会.JPG2019年度干潟観察会.JPG

干潟の生物観察会

干潟にすむ生物を観察しよう

■開催日 令和2年10月17日(土)
■開催場所 田辺市新庄町 内之浦干潟公園
■定員  30名
■申込締切 令和2年10月3日(土)

8D2053C6-8969-4AE5-B735-D8136F2B2997.JPG

和歌山の自然を紹介する

当館の展示コンセプトは「和歌山にこだわる!」。
展示されているものほとんどすべてが和歌山に生息・生育しているものです。
海や川の生き物を生きたまま展示する水族館型の第1展示室では約500種5000匹を展示しています。
第2展示室では和歌山の地質・化石、植物や貝類、昆虫などの動物を標本や模型で紹介しています。

特別展関連事業
ナマコワークシート 和博のワーク
・ナマコは海のお掃除係 
 1 サンゴの海のナマコたち pdf
 2 つめたい海のナマコたち pdf
 3 ナマコと海洋温暖化   pdf

color-B.jpg

res-top1.jpg

調査研究活動や収蔵標本など

当館ではおもに和歌山県の自然に関する資料収集・研究活動を行っています。
ここでは代表的な標本や研究活動などについて紹介します。


■和歌山県立自然博物館は主に和歌山県内の自然を調査・研究し、みなさまに自然の素晴らしさをお伝えする施設です。

■博物館評価制度について



■自然についてのご質問は、お電話、もしくは電子メールでお寄せ下さい。画像の添付はサーバ容量の関係上、一通5MB以下でお願いします。内容によっては返答できない場合もありますので、ご了承ください。

■ページ内の画像、文章等すべてのドキュメントは当館に著作権が帰属します。営利の有無、公私を問わず無断で利用、転載等は禁止します。
 利用を希望される方は、下記アドレスよりお問い合わせください。

■館内では無料Wifiが利用できます。
terms_240x60.jpg

■当館のホームページはリンクフリーですが、画像等への直接リンクは禁止します。
Tel : 073-483-1777  Fax : 073-483-2721
mail :postmaster@shizenhaku.wakayama-c.ed.jp

Outline

館名
和歌山県立自然博物館

住所

  • 和歌山県海南市船尾370-1

開館

  • 1982/7/27

館長

  • 高須 英樹

建物

  • 鉄筋コンクリート造 地下1階 地上2階

建築面積

  • 2613.87㎡

bnr_hazeblog.pngbnr_mosa_blog.png
ban-blog-yamana.jpg